常設展示

企画展示

常設展示

  • 1.ニッポン広告史
  • 2.視聴ブース「4つのきもち」
  • 3.コレクション・テーブル

ニッポン広告史

30万点を超える資料のなかから、日本の広告の発展がわかる資料を紹介。
ピーター・ドラッカーに「マーケティングの原点は日本の江戸にあり」といわしめた江戸時代の広告は、現代のタレント広告やSNSの原点でもあり、見れば見るほど新しい発見があります。広告活動のルーツといえる江戸時代から現代まで、時代と広告、人と広告の関わりの歴史を、当館のコレクションを中心に、映像やデジタル展示も交えてわかりやすくご紹介します。

  • 江戸時代の展示コーナー

  • 明治・大正時代の展示コーナー

  • 昭和〜平成の展示コーナー

コレクション・テーブル

江戸時代から現代まで、30万点をこえるアドミュージアム東京のコレクションの中から、おすすめの資料を紹介します。

  • デジタルテーブル

    1950年代~現在までのテレビCM、ポスターなどを大型タッチ式モニターで紹介。モニターに流れてくるサムネイルの中から、気になったものを自由にタッチして閲覧できます。

  • アナログテーブル

    引き札、錦絵、絵ビラ、有名なCMの絵コンテなどを紹介。デジタルですこし疲れたら、アナログ一息ついてみよう。

視聴ブース「4つのきもち」

  • 見ると楽しくなる広告、びっくりする広告、強く共感させられる広告、深く考えさせられる広告など、時代を超えて人の心を動かしてきた広告を厳選してご紹介します。