アドミュージアム東京 裏アーカイブProject

ここでスポットを当てるのは、「広告業界が注目しきれていない広告」です。賞に応募されていない、けれど素晴らしい。広告業界から生まれていない、だから注目されていない。そんな知る人ぞ知る広告たち。フライヤー、本の帯、お店の看板、一番いいねを集めた画像、etc.. ジャンルを問わず、純粋に良い「コミュニケーション」、広い意味での「広告」を、異業種のゲストと持ち寄り、トークでアーカイブしていく試みです。

広告業界が目を向けない広告についてのみ語ろう。#1

  • 日時

    7月27日(金)18:30~20:00(受付18:00-)

  • 場所

    アドミュージアム東京 ライブラリー内クリエイティブ・キッチン

  • 出演者

    坂井 直樹(コンセプター/ウォーターデザイン代表)
    内田 剛(三省堂書店)
    刀田 聡子(月刊ブレーン副編集長)
    飯田 昭雄(電通Bチーム ストリートカルチャー担当)
    えぐち りか(電通アートディレクター/アーティスト)
    倉成 英俊(電通Bチームリーダー)

  • 定員

    60名 *先着順

  • 申し込み方法

    下記応募フォームよりお申込みください(ウェブのみの受付となります)

裏アーカイブプロジェクト、1回目から多業種の6人!もの豪華登壇者でお送りします。今回想定されるのは、「アート」「本の帯とPOP」「プロダクト」「ストリートカルチャー」「コンセプト」「雑誌」周りの、「これはいい!」「これは知らないでしょう?!」という、知る人ぞ知る広告事例。来場者の方々にもその場でいい事例を教えてもらって即検索する、超参加型で行います。どうぞお楽しみに!

坂井 直樹(さかい なおき)
コンセプター、ウォーターデザイン代表。1947年大阪市生まれ京都市育ち。京都市芸術大学デザイン科で学び、1969年渡米。サンフランシスコでヒッピー達とTattoo T-shirtを売り、大当たり。帰国後ウォータースタジオを設立し日産「Be-1」「PAO」をはじめ大ヒットを世に出す。慶應義塾大学教授、成蹊大学経済学部客員教授を歴任。2016年以降はベンチャー企業サポート業務を開始。

内田 剛(うちだ つよし)
1969年東京都生まれ。中央大学文学部出身。1991年に三省堂書店入社し、そごう千葉店や成城店などを経て2015年4月より現職。本部仕入窓口として販売促進や、文芸書、ノンフィクション、文庫・新書ジャンルを担当している。NPO法人本屋大賞実行委員会理事で設立メンバーのひとり。POP作成を趣味としてこれまでに書いたPOPは3000枚以上。著作に『POP王の本!』(新風舎/絶版)がある。

刀田 聡子(とだ さとこ)
月刊ブレーン副編集長。2003年宣伝会議入社。広告の専門誌『ブレーン』『宣伝会議』、ニュースサイト「アドタイ」での情報発信、書籍編集などを通じて、広告を中心とした様々なクリエイティブ分野の取材を重ねる。

飯田 昭雄(いいだ あきお)
電通Bチーム / ストリートカルチャー担当。電通アイソバー / エグゼクティブ クリエイティブ ディレクター/アートバイヤー。多摩美術大学時代、勅使川原三郎のダンスカンパニー「KARAS」の立ち上げメンバーとしてパリ始め国内外で活躍。Wieden+Kennedy Tokyoにてアートバイヤーとして在籍後、電通レイザーフィッシュ(現電通アイソバー)入社。東日本大震災後、一般社団法人ISHINOMAKI2.0 を地元と東京の仲間と共に立ち上げる。とりあえずやってみよう大学(University of Don't Think, Feel)講師。7月より第二期開校。
http://ishinomaki-iju.com/udtf/

えぐちりか
アートディレクター/アーティスト。電通にてアートディレクターとして働く傍ら、アーティストとして国内外で作品を発表。絵本「パンのおうさま」シリーズが小学館より発売。広告、アート、プロダクトなど様々な分野で活動中。イギリスD&AD金賞、スパイクスアジア金賞銀賞、グッドデザイン賞、キッズデザイン賞、アドフェストブロンズ、インターナショナルアンディーアワード銀賞、JAGDA賞、JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、街の本屋が選んだ絵本大賞3位、LIBRO絵本大賞4位、他受賞多数。

倉成 英俊(くらなり ひでとし)
電通Bチームリーダー。広告クリエーティブのスキルを拡大、応用して、「広義のクリエーティブ」の実践を続ける。誰にも頼まれていない自主プロジェクトも多数立ち上げがちで、電通アクティブラーニングこんなのどうだろう研究所もその1つ。

注意事項(下記あらかじめご了承ください):
※申込受付は先着順となります。
※イベント開始時刻を過ぎますと席をご用意できない場合もあります。
※都合により、内容が変更になる場合があります。
※当日、アドミュージアム東京による撮影を行います。撮影した写真・映像はアドミュージアム東京のウェブサイト・SNS等で公開されることがあります。