アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > 展示案内 > 常設展示 > 7. 広告の新しい展開
Permanent Exhibitions・常設展示 7. 広告の新しい展開

1. 華やかな江戸の広告 2. 文明開化と広告の近代化 3. 消費社会の進展と広告のモダニズム 4. 躍進する広告そして冬の時代へ 5. 戦後復興と電波メディア広告の登場 6. 経済成長と広告活動の高度化 7. 広告の新しい展開
日本の公共広告20世紀の社会・風俗・文化
館内展示風景
大衆消費社会の進展、日本経済の高度成長、そして「消費は美徳」という意識を背景にして、広告はかつてない活況を呈しました。やがて、日本経済が安定成長へと移行する中で消費に対する欲求の高度化や多様化が進行し、広告は「マスメディアを駆使した広告活動」と「多彩なプロモーション活動」を一体化した、より戦略的で多様な活動へと発展していきました。1990年代に入るとバブル経済が崩壊、経済不況が深刻化する一方で「資源・環境」に対する関心が高まり、新しい時代を模索する動きが本格化しました。
1 華やかな江戸の広告
2 文明開化と広告の近代化
3 消費社会の進展と広告のモダニズム
4 躍進する広告そして冬の時代へ
5 戦後復興と電波メディア広告の登場
6 経済成長と広告活動の高度化
7 広告の新しい展開
日本の公共広告20世紀の社会・風俗・文化
 
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館