アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > 展示案内 > 企画展示 > 過去の企画展示 2009 >広告跳躍時代〜昭和の広告展[V]
Temporary Exhibitions・特別企画 『広告跳躍時代』 昭和の広告展[V] −1970年代・80年代−

bar 特別企画
『広告跳躍時代』 昭和の広告展[V] −1970年代・80年代−

2009年7月29日(水)〜10月3日(土)
アド・ミュージアム東京(入場無料)
主催: 財団法人 吉田秀雄記念事業財団
ポスター
ポスタービジュアル

1970年代・80年代、広告が元気だったのか。時代が元気だったのか。私たちが元気だったのか。

アド・ミュージアム東京は、開館以来、特別企画として広告の歴史シリーズ展を開催してきましたが、「広告跳躍時代―昭和の広告展III」はその最終回です。1970年代・80年代の日本は、高度経済成長がもたらした社会のひずみや、ドルショック、2度の石油危機などを乗り越えて世界第2位の経済大国へと躍進しました。国内の産業は、モノ作り一辺倒から、金融、流通、サービス、マスメディアなどソフト産業重視へと構造を変化させ、また消費者がモノよりも心の豊かさを尊重する成熟消費社会へと転換していく、まさに、日本も企業も私たちも「元気な時代」でした。このようにエネルギー溢れる変化の中で、広告手法を格段に向上させ、多くの優れた人材を輩出し、広告業界は広告費にして実に7倍近くの成長を遂げました。広告は企業経営の一環として重要な役割を果たすと同時に、時代の気分をリードする存在になっていったのです。本企画展は、旧来の価値観にとらわれず新しい時代の広告を模索した70年代、そして多様化する価値観の中で様々な広告活動が展開された80年代の20年間に焦点を絞りました。広告がライバルと競いあう企業のパートナーとして、また、自分らしいライフスタイルを追求する消費者の代弁者として、消費行動のみならず社会や文化そのものを牽引していくドライバーの役割を果たすに至った経緯を、さまざまな「VS」すなわち対比構造の中でご紹介いたします。

 
  ●写真クリックで拡大できます
 
1970-80年の20年で広告費は7倍も伸びました。
あいさつパネル
過去に開催された特別企画展のポスター
 

 
カテゴリー説明
  ひずみがもたらす価値転換と公共・パブリック意識の台頭  
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  ライバルが消費社会を沸騰させる  
全体
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  アンチ“正統派”−周縁による中央への宣戦布告  
手前ケースは、商品VS商品コーナー関連グッズ
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  差異化が欲望を刺激する  
入口
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  女性の生き方・幸せの選択肢が多様化  
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  ひねりの利いた笑い・パロディで共感を呼ぶ  
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
カテゴリー説明
  企業イメージへの注目
CI・冠イベント・スポーツ協賛・博覧会
 
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

 
タイトル
  広告跳躍時代
’70・’80年代の雑誌が広告図書館で閲覧できます
 
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

  広告跳躍時代
その他の会場風景
 
クリエーターズファイルの閲覧および、「世界を目指したTVCM」と題し、海外で評価された'70−'80年代のTVCMが検索閲覧できるようになっています。
イベント開催時以外は、(財)DNP文化振興財団のご協力のもとクリエーターズファイルのビデオ上映をしております。
*写真・画像クリックでアルバムとして閲覧できます

イベントカレンダー
カレンダー8月:クリックで拡大できます

カレンダー9月:クリックで拡大できます

※カレンダー画像をクリックすると拡大します。

開催イベント詳細


会 場:アド・ミュージアム東京 AVホール 
主 催:(財)放送番組センター /(財)吉田秀雄記念事業財団 
協 力:TBS/日本テレビ/フジテレビ/テレビ朝日/テレビ東京/サンライズ/C.A.L/テレパック/ドリマックス・テレビジョン

広告が跳躍した時代は、テレビもまた躍進しました。73年にはすべての番組がカラー化され、翌74年にはカラー受信契約数が二千万件を超えます。浅間山荘事件(72)、羽田沖日航機墜落事故(82)など、テレビは現場からの生中継でその様子を伝えました。誕生して20〜30年を経たテレビは安定・成熟期を迎え、今も記憶に残る番組を数多く放送しました。80年代後半には衛星放送が本格化し、多チャンネル時代に入りました。あの頃の熱いテレビ番組をお楽しみください。

  上映番組・上映日  
  プログラムA  
  8月11日(火)、13日(木)、15日(土)、19日(水)、21日(金)、25日(火)、27日(木)、29日(土)  
 
上映時間 題  名 放送年月日 制作・放送
11:20 巨泉前武ゲバゲバ60分 1971.04.04 日本テレビ
12:15 木枯し紋次郎 第3話 峠に哭いた甲州路 1972.01.15 フジテレビ / C.A.L
13:10 われらの主役 不世出の大打者・王貞治 1976.11.03 テレビ東京
14:05 青春の昭和史U 三十秒の狙撃兵 1979.12.20 テレビ朝日 / テレパック
15:50 機動戦士ガンダム 第1話 1979.04.07 名古屋テレビ / サンライズ
16:30
※平日のみ上映
木曜スペシャル 目撃者、私はそこにいた
カメラが記録するテレビ報道30年
1983.11.17 日本テレビ
 
  プログラムB  
  8月12日(水)、14日(金)、18日(火)、20日(木)、22日(土)、26日(水)、28日(金)*28日は14:20以降上映中止  
 
上映時間 題  名 放送年月日 制作・放送
11:20 金曜劇場 北の国から 第1話 1981.10.09 フジテレビ
12:20 欽ちゃんのどこまでやるの! 1982.05.26 テレビ朝日
13:20 金曜ドラマ 金曜日の妻たちへ 第1話 1983.02.11 TBS / ドリマックス
14:20 オレたちひょうきん族 1983.11.12 フジテレビ
15:20 男女7人夏物語 第1話 1986.07.25 TBS / テレパック
16:30
※平日のみ上映
木曜スペシャル 目撃者、私はそこにいた
カメラが記録するテレビ報道30年
1983.11.17 日本テレビ

*上映時間は当日変更になる場合がございます
*28日(金)は、トークイベント開催のため14:20からの「オレたちひょうきん族」以降の上映を中止いたします。

チラシデータをダウンロードできます。こちらをクリックしてください

 

再演・大人の紙芝居

現在、アド・ミュージアム東京で開催中の『広告跳躍時代−昭和の広告展[V]』の特別連動企画として、1970年7月、銀座ソニービル内でシースルー劇場と銘打って大好評を博した紙芝居興行『大人の紙芝居』を下記日程で、再演いたします。この機会にぜひご参加ください。

■日程:8月14日(金)、9月3日(木)、8日(火)

■時間:18:00〜19:00

■場所:アド・ミュージアム東京 AVホールにて 

■演目(豪華三本立て):
なかにし礼作 辰巳四郎画 『丹下左膳暁のG線上に死す』 
唐十郎作 金子国義画 『銭湯夫人』 
寺山修司作 林静一画 『便所のマリア』

■唸師(うなりし):神田 茜(日本講談協会 真打)

■入場無料

終了しました

トークイベント開催

'70年代'80年代はエネルギー溢れる元気な時代の中で、広告はスケール・アップ、レベル・アップ、 パワー・アップしていった“広告跳躍時代”でした。当時クリエイティブやメディアの新次元を切り開い た方々と今日のトップクリエーター、プロデューサーが広告跳躍時代と今を縦横無尽に語り合います。

会場:アド・ミュージアム東京 AVホール(カレッタ汐留B2F)  *各回とも

日時・パネラー・申し込み方法につきましては、下記をご参照ください。各回とも定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください。また、都合によって出席者、テーマが変更となる場合があります。

日時:8月6日(木)17:30〜18:30       終了しました

馬場康夫氏
ホイチョイ・プロダクションズ代表

1981年に「ビックコミックスピリッツ」(小学館)で連載「気まぐれコンセプト」 を開始。また1987年「私をスキーに連れてって」で監督デビュー。 最近のヒット作は「バブルへGO」。ミュージカルの演出も手掛ける。


杉山恒太郎氏
株式会社電通 取締役常務執行役員

カンヌ国際広告映画祭審査委員を2年間、またサイバー部門で1年間務めた他、 イギリス「キャンペーン」誌で特集されるなど、日本を代表する広告クリエーター。主な作品に小学館の「ピッカピカの一年生」「セブンイレブンいい気分」、サントリーローヤル「ランボー」シリーズ他多数。

日時:8月28日(金)16:00〜17:00       終了しました

鏡 明氏
株式会社電通 執行役員
グローバル・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター

ACC賞、カンヌ、アドフェストをはじめとする国内外の広告賞で多数受賞、 また審査員を務める。2002年、アジア最大の広告賞アドフェストで審査委員長を務め、2009年カンヌ国際広告祭では日本人初の審査委員長に就任。主な作品は、東京海上火災「損害保険シリーズ」、パナソニック「ルーカスの仲間たち」他


澤本嘉光氏
株式会社電通
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター

00年・06年・08年 史上初3度目のクリエイター・オブ・ザ・イヤー受賞の快挙達成。TCC賞2008グランプリ、カンヌ国際広告祭銀賞、クリオ賞金賞など国内外広告賞を多数受賞。主な作品に、ソフトバンクモバイル「ホワイト家族24 予想外な家族篇」、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」他。

 

日時:9月10日(木)18:00〜19:00       終了しました

村上啓子氏
フリー・エディター

集英社non no編集部を経て1977年MOREの創刊メンバーとなる。その後、SPUR編集長、MORE編集長、集英社広告企画室長、VOGUE NIPPON編集長、Harper’s BAZAAR日本版編集長を歴任。現在、フリーランスのファッション・エディターとして活躍中。


度会輪子氏
プロデューサー

広告代理店、仏ファッション・ブランド、外資系化粧品会社のPRマネージャーを経て、1995年より、ベルチェ・アソシエイツにて、ファッション及び舞台芸術のPR/イベント・プロデューサー。

 

Page Top
企画展示トップへ
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館