アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > 展示案内 > 企画展示> 過去の企画展示 >D&AD賞2010展
Temporary Exhibitions・企画展示 D&AD賞2009展
  2010年10月6日(水)〜11月21日(日)
アド・ミュージアム東京(入場無料)

主催: 財団法人 吉田秀雄記念事業財団/D&AD
協力: 株式会社電通
開催にあたって
 

英国の非営利団体D&ADとともに開催するD&AD賞展は、今年で4回目を迎えます。半世紀に近い歴史を刻むD&ADは、 常に、革新的なクリエーティビティや斬新なアイデアに注目し、次の時代を切り拓く優れた作品を顕彰し、また未来をになう 人材の育成に貢献されてきました。
D&ADのゆるがぬ姿勢のもとで選考されるD&AD賞は、数多くの国際的広告賞の中でも審査の厳しさに定評があり、とりわけ最高賞のブラック・ペンシルは、世界で最も難関の賞といわれています。
本年度のブラック・ペンシルは、メディアやコミュニケーションが大きく変わっている時代を反映し、従来とは全く異なる発想 から生まれたコミュニケーションやキャンペーンが受賞しています。また、オーストラリアや南アフリカからの作品が初めてブラック・ペンシルを獲得したことも、今年の特徴といえましょう。
本展でご紹介する受賞作は、例年にも増してD&ADならではのシャープな視点が感じられるイノベーションに満ちています。困難な環境にあっても新しい時代を切り拓いていくクリエーティビティをお届けしたいと存じます。

アド・ミュージアム東京
館長 松代 隆子
ごあいさつ

広告とデザインの卓越したクリエーティビティを目指すD&AD賞展にようこそ。

D&ADは、1962年以来、あらゆるコミュニケーション分野に関しクリエーティビティに富んだ作品を顕彰し、世界にご紹介してまいりました。
2010年度は、最高賞であるブラック・ペンシルが5作品に、また、イエロー・ペンシルが42作品に授与されました。これらの作品はいずれもクリエーティビティを新たな高みへと押し上げるものですが、今年もここ数年来の傾向と同様、クリエーティビティの境界線を書き換えるものとなっています。これは、新しいコミュニケーション・チャネルが既成のものに取って代わっていることを反映しているからだと申せましょう。例えば、グラフィック部門でブラック・ペンシルを受賞した作品は、紙切れ同然となったジンバブエ紙幣にスタンプを押しただけのものですし、また、2部門でブラック・ペンシルを獲得した作品は、広告キャンペーンではなく‘世界中で一番素晴らしい仕事’と称した求人活動をネット中心に展開したものです。
プロジェクター社制作の「ユニクロック」が日本の作品として初めてブラック・ペンシルを受賞してから2年が経ちましたが、日本からの応募数は増えており、審査員たちはその作品のレベルの高さや革新性を高く評価しています。本年度の年鑑には、17点の日本の優秀作品が掲載されますが、それらは、環境、グラフィック、書籍デザイン、ブランディング、デジタル広告やモバイルマーケティングなど多岐の分野にわたっています。

D&AD賞 2010展をどうぞお楽しみいただけますように。そして、次回はぜひあなたも応募して下さい。

最後に、D&ADを代表し本展開催にご尽力いただきました(財)吉田秀雄記念事業財団とアド・ミュージアム東京にお礼申し上げます。

 

  D&AD プレジデント
Simon ‘Sanky’ Sankarayya
サイモン ‘サンキー’ サンカラヤ
*サイモン サンカラヤ氏は、Sankyのニックネームで知られる。
インタラクティブ・エージェンシーAllofUsの共同設立者で、
同社ビジュアルデザイン部門を率いている。インフォメーション・デザインを
勉強した後、Digit社創設期のアートディレクターを務めた。
講演や教育関係での指導でも国際的に活躍している。
 
D&ADとは
 

D&ADは、イギリスのデザイン、広告、クリエーティブ界を代表する国際的な非営利団体です。1962年に創設され、以来、次世代への教育に尽力し、 ビジネスにとって創造性や革新性、ユニークな発想やアイデアがいかに重要であるかを提唱してきました。 設立の翌年から始まった「D&AD賞」は、イギリスのデザインならびに広告界のクリエーティブな活動を顕彰することによってその実践者に報い、 レベルの向上に尽力してきました。45年以上にわたるゆるぎない活動によって、D&ADは国際的な権威ある組織へと成長し、D&AD賞は、世界中の クリエーターが憧れる賞であると評価されています。国際的に卓越したクリエーティブに贈られる賞は、「イエロー・ペンシル」として有名です。 また、最高賞である「ブラック・ペンシル」は、新しい時代を切り拓く革新的な作品のみに贈られますが、該当作品がない年もあるほど厳しい審査を 経て選ばれる、まさに最高峰のクリエーティブ賞といえます。

現在D&AD賞2011作品応募受付中です。

☆詳しい情報はD&ADの公式サイト www.dandad.org をご覧ください

主な受賞作品
  ブラック・ペンシル
D&ADの最高賞。その分野の 定義を覆すほど革新的な 作品にのみ贈られます。
イエロー・ペンシル
卓越したクリエーティブに 贈られる賞で、ノミネート作品の 中から選ばれます。
ノミネーション 
年鑑に掲載され、イエロー・ペンシルの候補とされた優秀作品。

クイーンズランド州観光公社は、グレートバリアリーフに点在する島へ観光客を誘致するために、島の管理人として半年間、島で過ごすという求人広告を、世界で最も素晴らしい仕事として、グローバルに訴求した。圧倒的魅力のある効果抜群のアイデア。
Integrated & Direct/Integrated
The Best Job In The World:世界中で一番素晴らしい仕事
SapientNitro
Tourism Queensland:クイーンズランド州観光公社
オーストラリア
廃墟となったニューヨークの高架鉄道の跡地を緑豊かな公園に生き返らせたプロジェクト。古い物を全て壊して再開発するのではなく、廃墟の風情をそのまま活かした画期的なデザインによるリサイクル。
Environmental Design/Public Space & Community
High Line:高架鉄道
Diller Scofidio + Renfro
Friends of the High Line:NPO ハイライン友の会
アメリカ
超インフレと不当な重税に喘いでいたジンバブエ新聞は、紙くず同然となった紙幣に直接メッセージを印刷し、DM、ポスター、ビルボード等を制作。多くのメディアがこの紙幣キャンペーンを大々的に取り上げ注目を集めた。
Graphic Design/Leaflets
Trillion Dollar Flyer:一兆ドル紙幣のチラシ
TBWA/Hunt/Lascaris Johannesburg
The Zimbabwean Newspaper:ジンバブエ新聞
南アフリカ
デザインの先進性とベストプラクティスの価値を熟知しているアップル社ならではの、優れたウェブサイト。商品のデザインの良さだけでなく、使い勝手や実用性が明瞭に訴求された優れたツール。
Websites
Apple Website:アップル・ウェブサイト
Apple:アップル

アメリカ
優れた音を再生し、かつハイクラスなmp3プレイヤーユーザーを惹きつけるデザインで、音符のような形をしたイヤホン。一目でこの製品は情熱的な音楽愛好家のものとわかる。
Packaging Design
The Earphones Note:イヤホンでできている音符
Scholz & Friends
Panasonic Marketing Europe:パナソニック マーケティング ヨーロッパ(有)
 
アポロ11号が地球を出発してから40年後の2009年7月16日、その歴史的な 宇宙の旅をインターネット上で3Dアニメ、当時の音声、画像を使って克明に 再現した。音声のやりとりはツイッターで40年の時を経て人々の耳に届いた。 テクノロジーを駆使した素晴らしい教育の一例。
Digital Advertising Campaigns & Websites
We Choose the Moon:月へ行く
Domani Studios & The Martin Agency
The John F. Kennedy Presidential Library & Museum:ジョン・F・ケネディ図書館/博物館
アメリカ
オンラインやモバイル機器上のナビゲーションサービスを広く認知させ使用を促すための、高さ50メートル、重さ60トンのSMS制御の巨大道路標識型ナビ。道路標識に目的地をメールすると、瞬時に行き方を表示してくれる。ノキア社の企業理念を実証するアイデア。
Mobile Marketing
The World's Biggest Signpost:世界一大きい道路標識
Farfar
Nokia:ノキア
スウェーデン
癌を克服しツール・ド・フランス7回優勝の偉業を達成したアームストロング選手が、生きる希望、勇気を世界中にアピールしたキャンペーン。特にWEBを経由して送信されたメッセージを、実際にツール・ド・フランスの路上に書き記すChalkbot(チョークボット)は 画期的技術。
Integrated
Livestrong Integrated Campaign:力強く生きる
Wieden + Kennedy Portland
Nike Foundation:ナイキ財団
アメリカ
試行錯誤を経て、表と裏で異なる色彩やデザインが楽しめる画期的プリント技術が誕生。天井からつるされたポスターやPOPは表から見ても裏から見ても魅力的。
Graphic Design/Posters
Nico Products Poster Campaign:ニコプロダクツ ポスターキャンペーン
MR_DESIGN:ミスターデザイン
日本
 
その年に制作された広告の中で最も優れたコピーに与えられるTCC賞。その受賞作品を紹介するコピー年鑑2009のデザインコンセプトは「発言する年鑑」。あたかも発言するかのように表紙を開けるたび大きな口が開く。
Book Front Covers
Tokyo Copywriters Club Advertising Awards Annual 2009
"A Book that Speaks Up" Volumes I & II
:東京コピーライターズクラブ コピー年鑑2009「発言する年鑑」第1巻・2巻
Dentsu/Tokyo Copywriters Club:東京コピーライターズクラブ
日本
ADMT展示会場風景
第2会場入口

 

企画展示トップへ
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館