広告とマーケティングの資料館
ADMT ADVERTISING MUSEUM TOKYO
アド・ミュージアム東京 HOME
  ENGLISH
ご利用にあたって サイトマップ

HOME > 展示案内 > 過去の企画展示 > 2014
Temporary Exhibitions・企画展示 過去の企画展示
2013年  
2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003
第53回 消費者のためになった広告コンクール展
2014/1/24〜3/2 115
(公社)日本アドバタイザーズ協会との共催による「消費者のためになった広告コンクール展」を開催しました。今回で53回目を迎える同コンクールは、広告の受け手である消費者が@好感、共感、親近感がもてる広告であるか、Aわかりやすく、納得できる広告であるか、Bオリジナリティが感じられる広告であるか、という視点で審査を行い入賞作品の選出をしている点が大きな特徴です。会場では、暮らしに役立つ情報や豊かな表現とストーリー性で製品やサービスの社会的価値を伝えるものなど、制作者の知恵が絞られ工夫の凝らされた銀賞以上の受賞作品を紹介しました。
第56回 日本雑誌広告賞入賞作品展
2014/1/24〜3/2 116
(一社)日本雑誌広告協会が主催し第56回目を迎える「日本雑誌広告賞」の入賞作品を紹介しました。第56回は雑誌発行会員社の厳選した4,146点から、金賞15点、銀賞16点が入賞しました。会場には入賞作品の全てを展示したほか、金賞以上には実際の誌面上で閲覧できるよう掲載誌を置き、さらに雑誌広告と雑誌の「今」を感じていただけるよう「雑誌と創るブランドキャンペーン」コーナーも設置しました。日本を代表する女性誌10誌と企業のコラボ・アイテム開発や雑誌と企業のLINEスタンプ企画、インフルエンサーである雑誌編集長10人が雑誌の枠を超えてニッポンのプレミアムブランドについて考える企画など、10例を紹介しました。
鉄のマインド ONE SHOW 2013
2014/3/6〜5/18 117
ニューヨークの非営利団体ワンクラブ(The One Club)と当財団の共催により、世界のクリエーティブ業界で活躍する制作者たちが選ぶ国際的なコンペティション「ワンショー(One Show)」の受賞作品展を開催しました。本展では、一般の広告物を対象としたOne Show、パッケージデザインやブランディングなどのデザインを網羅するOne Show Design、ニューメディアやオンライン広告に対するOne Show Interactiveそれぞれの上位賞と日本からの受賞作品、合わせて約140作品を展示しました。 会場は優れたクリエーターの思考や信念を「鉄」になぞらえた鉄骨組をモチーフにしたデザインを展開。受賞作品はどれも時代を先駆けるイノベーションに溢れ、クリエーティブなアイデアが広告、デザイン、マーケティングコミュニケーションのビジネスに革新をもたらす原動力となることを実感させてくれました。
TCC広告賞展2014
2014/6/4〜7/13 118
4月末に発表になった2014年TCC賞の全受賞作品を紹介。2014年度TCCグランプリは、TVCMシリーズ、ソフトバンクモバイル「バカは強いですよ。お利口さんよりも、ずっと。」澤本嘉光さん(電通)が、最高新人賞は、新聞広告、日本新聞協会「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。」他で山ア博司さん (TBWA博報堂)が受賞。TCC賞では、作品背景に迫る資料として企画コンテなどもあわせて展示。また、毎年恒例コピーライターと話ができる人気企画、そして新たに広告図書館でコピーライターの推薦図書展示を実施。受賞者を中心としたトークイベントも土・日に、計4回開催しました。
 
 
2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003
アド・ミュージアム東京について
吉田秀雄記念事業財団
吉田秀雄プロフィール
鬼の贈り物
ご利用案内
開館時間・スケジュール
アクセスマップ
施設紹介
見学・取材
展示案内
企画展示
過去の企画展
常設展示
ADMT Salon
ADMT Collection
リンク
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館
Page Top

(c)2007 Yoshida Hideo Memorial Foundation 吉田秀雄記念事業財団