アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > アド・ミュージアム東京について
アド・ミュージアム東京について

 「アド・ミュージアム東京」は、広告とマーケティングに関する研究の振興と社会的理解の醸成を目的とする、わが国唯一の広告のミュージアムです。

当館は、研究助成財団である公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団が、(株)電通第4代社長 吉田秀雄の生誕百年を記念して、2002年12月に開館しました。
 
 館内には、広告作品を公開展示する展示スペースと、広告及びマーケティングの専門図書を閲覧できる広告図書館があります。
 
 展示スペースは日本の広告史を収蔵作品でたどる常設展示と、内外の広告賞の受賞作品展や収蔵資料による特別企画展を行う企画展示とに分かれます。

企画展は年に約12回開催され、常設展示では適宜作品の入れ替えを行っています。
 
 当館では、江戸時代の錦絵から最新のTVCMまで、約20万点を超える広告資料をデジタル化しており、館内展示に活用するほか、広告図書館内の検索端末機で閲覧に供しています。


吉田秀雄記念事業財団 吉田秀雄記念事業財団の概要、取り組みなどをご紹介します。
吉田秀雄プロフィール 吉田秀雄の業績についてまとめてご紹介します。
鬼の贈り物 吉田秀雄が残した様々な業績をその人となりと共にコラム形式でご紹介します。吉田秀雄記念事業財団 機関誌『AD STUDIES』より転載
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館