アド・ミュージアム東京

ENGLISH

HOME > 展示案内 > 常設展示 > 1. 華やかな江戸の広告
Permanent Exhibitions・常設展示 1. 華やかな江戸の広告

1. 華やかな江戸の広告 2. 文明開化と広告の近代化 3. 消費社会の進展と広告のモダニズム 4. 躍進する広告そして冬の時代へ 5. 戦後復興と電波メディア広告の登場 6. 経済成長と広告活動の高度化 7. 広告の新しい展開
日本の公共広告20世紀の社会・風俗・文化
「御夏烟草(たばこ)入品々」
山東京伝店頭図/初代歌麿・画
寛政8(1796)年/錦絵
「江都名物 当時流行双六」
五柳亭徳升・文 一雲亭安秀・画
天保年間頃/絵双六
 
まだマスメディアが成立していなかった江戸時代は、日本の広告にとって前史ともいうべき時代でした。しかし18世紀半ば頃には、江戸・大坂などの大都市を舞台に、今日の広告活動に匹敵する活発な活動が行われていました。

商人たちは競って店の軒先に看板を掲げ、現代のチラシに似た引札を広く配布するなどして顧客の獲得に努めました。

また、木版多色摺りの錦絵にさりげなく店名や商品名を刷り込んだり、芝居の口上やせりふに商品名をいれるなど、その活動ぶりは広告として見ても注目に値します。
 
「駿河町越後屋」
初代国貞・画/天保年間頃
錦絵(3枚組)
MORE INFO [ ADMT Collection ]   看板
MORE INFO [ ADMT Collection ]   錦絵
MORE INFO [ ADMT Collection ]   引札
2. 文明開化と広告の近代化

1 華やかな江戸の広告
2 文明開化と広告の近代化
3 消費社会の進展と広告のモダニズム
4 躍進する広告そして冬の時代へ
5 戦後復興と電波メディア広告の登場
6 経済成長と広告活動の高度化
7 広告の新しい展開
日本の公共広告20世紀の社会・風俗・文化
 
吉田秀雄記念事業財団オフィシャルページリンク
Access Map アクセスマップ
広告図書館