コレクション

看板

今日のように、まだ本格的な広告媒体が存在しなかった江戸時代には、看板や暖簾は非常に重要な広告媒体でした。人々にその店の存在を知らせ、特徴を伝え、好意を獲得する看板からは、それぞれの店の創意工夫が伝わってきます。まさに江戸時代の看板は“商の顔”だったのです。明治期に入ると、それまでは木製が主流であった看板の素材にも変化が見られ、ガラスを使用したものなども登場します。またカタカナやローマ字を用いたり、デザイン的にも洗練された看板が多く登場し、今日も目にする標章やキャラクターも姿を見せ始めます。大正時代・昭和初期に入ると、看板はさらに広告物としての性格を明確にし、重要な広告媒体としての地位を確立して行きます。

該当件数: