コレクション

看板

酒林

酒林

杉の葉を刈り込んで作られた杉玉は、「酒林(さかばやし)」と呼ばれています。造り酒屋が毎年新しいものを軒につるして、新酒ができたことを知らせる看板。つるしたばかりのできたては緑色で、次第に青葉が枯れて茶色になっていき、色の変化が酒の熟成度を表しています。

  • 資料名

    酒林 (さかばやし)

  • 制作年/年代

  • サイズ

    87 × 70 × 70 (cm)

  • 資料番号

    2005-00046