コレクション

錦絵

駿河町越後屋

駿河町越後屋

越後屋店頭に3人の美女を配した華やかな錦絵。呉服商の越後屋は、日本橋駿河町(現・日本橋室町)に大店を構え、江戸名所の一つでもあった。店頭の立派な建て看板や「丸に井げた三文字」と呼ばれるマークが大きく染め抜かれた暖簾が、当時の繁盛ぶりを示している。駿河町越後屋は多くの錦絵に描かれているが、背景中央に富士山が描かれていることが多い。この絵も広重の『東都名所駿河町之図』とほとんど同じ構図であり、江戸のランドマークとしての駿河町の典型的描写法といわれている。

  • 資料名

    駿河町越後屋 (するがちょうえちごや)

  • 広告主

    越後屋

  • 制作年/年代

    天保期(1830-1844)

  • サイズ

    36.5 × 78.1 (cm)

  • 資料番号

    1986-01095