コレクション

錦絵

美艶仙女香入り美人画「はつ雪や」

美艶仙女香入り美人画「はつ雪や」

「仙女香(せんじょこう)」は、江戸・京橋で売り出された粉白粉(こなおしろい)。さまざまなメディアを使って巧みな宣伝活動を展開したことで知られています。溪斎英泉の描いたこの錦絵は、妖艶な大首絵に「美艶仙女香といふ 坂本氏のせいする白粉の名高きに美人とよせて はつ雪や美人のはき(脛)のまた白し」という狂歌が読まれています。

  • 資料名

    美艶仙女香入り美人画「はつ雪や」

  • 広告主

    坂本氏

  • 制作年/年代

    文政期(1818-1830)

  • サイズ

    43 × 27.5 (cm)

  • 資料番号

    1987-06197