コレクション

錦絵

江戸名勝図会 吉原

江戸名勝図会 吉原

歌川広重によって描かれた吉原「桜と花魁(おいらん)の図」。吉原の大通りに1000本にもおよぶ桜を植え、その中を行く花魁道中は人々の目を引きました。この催しは桜の季節にだけ根つきの桜を植える花見イベント。5月は花菖蒲(はなしょうぶ)、7月は灯籠(とうろう)、暮れには餅つきなど四季折々の行事を楽しもうと、物見高い江戸の人たちは吉原を訪れました。

  • 資料名

    江戸名勝図会 吉原

  • 制作年/年代

    江戸後期(1804-1830年)

  • サイズ

    36.8 × 25 (cm)

  • 資料番号

    1990-00106